萬葉集発耀の地 さくらい

 柿本人麻呂、額田王など「山の辺の道」をはじめ桜井市の古道には「万葉集」にその名を残す名歌人たちの歌碑が六十数基、残されています。これらの歌碑は昭和46年当時の桜井市長と桜井市出身の文芸評論家、保田與重郎氏を中心に「心ある人々に記紀万葉のふるさとと桜井の歴史を体感し楽しんでいただこう」という思いで呼びかけられ多くの文化人に賛同をいただき揮毫されたものです。 


●さくらいと「令和」

  新元号「令和」は大宰府の大伴旅人邸で開かれた「梅花の宴」。ここで詠まれ「万葉集巻五」の「梅の花の歌」の序文に記されたものが由来とされています。この大伴旅人の義理の妹とされるのが女流万葉歌人として知られる大伴坂上郎女(おおとものさかのうえのいらつめ)です。桜井市の数ある万葉歌碑の中で彼女の歌碑は以下の三基があります。さくらいの万葉歌碑巡りの際には是非お訪ね下さい。(歌碑巡りには桜井市観光協会発行の大和の古道紀行が便利です)

 

それぞれの歌碑の紹介はクリックして是非ご覧ください。 

こもりくの はつせの山は色づきぬ しぐれの雨は 降りにけらしも(長谷寺 本堂の横)

こもりくの はつせの山は色づきぬ しぐれの雨は 降りにけらしも(三十八柱神社)

妹が目を 跡見の埼の秋はぎは 此の月このつぎごろ散りこすなゆめ(等彌神社境内)

大伴坂上郎女

万葉歌人の中で最多の八十四首を残し、特に男女の歌を詠ませると右に出るものがいないとされる。父は大伴安麻呂で、毋は石川郎女。旅人は異母兄稲公の姉、家持の叔母姑である。 

 また、桜井市多武峰(とうのみね)にある談山「神社」(たんざんじんじゃ)中大兄皇子と中臣鎌足が、「大化の改新」に向けた話し合いを行なった場所として知られています。

祭神は中臣鎌足(藤原鎌足)で中大兄皇子と共に、我が国初の元号である「大化」を使うなど、新たな国づくりの中心的な存在となりました。

 

四季それぞれに素晴らしい景観を誇る神社でもっと皆さんに知っていただきたい神社です。「令和」に改元されたこの機会に是非、訪問されてはどうでしょうか?おすすめの神社です。



さくらい万葉 提供:万葉うたいびと風香・桜井市忍阪区

万葉歌碑一覧 写真クリックでリンク先(本編)に移動します。

1.うま酒 三輪の山・・・

作者:額田王

3.ぬばたまの夜さり・・・

作者:柿本人麻呂 穴師集落


4.三諸の その山なみに・・・ 

作者:柿本人麻呂

5.あしひきの 山川の・・・

作者:柿本人麻呂 穴師川の道沿い


6.あしひきの山かも高き・・・ 

作者:柿本人麻呂 場所:穴師の県道沿いに建つ

7.穴師川 かわなみたちぬ・・・

作者:柿本人麻呂 巻向川の川べり


8.  巻向の山辺とよみて・・・ 

作者:倭建命  場所:箸中上県道沿い

9.いにしえにありけむ人・・・

作者:柿本人麻呂 井寺池畔


10.  大和は国のまほろば・・・ 

作者:倭建命  場所:井寺池畔

11.三諸は人の守る山・・・

作者:不詳 場所:井寺池畔


12.  古への人の植ゑけも・・・ 

作者:柿本人麻呂 場所:桧原神社

13.山吹の立ちよそ・・・

作者:高市皇子 場所:玄ぴ庵北


14.  わが衣 色どり染めむ・・・ 

作者:柿本人麻呂 場所:平等寺境内

15.磯城島の大和の国に・・・

作者:不詳 場所:志貴坐御県神社


16. 紫は ほのさすもの・・・ 

作者:不詳 場所:金屋集落

17.隠国の 泊瀬山・・・

作者:不詳  場所:金屋大和川沿い


18.  夕さらばかわず鳴くな・・ 

作者:不詳  場所:金屋仏教伝来地碑横

19.磯城島の 大和の国は・・

作:柿本人麻呂 場所:磯城島公園


20. 苦しくも降り来る 雨・・・ 

作者:長忌寸奥麿  場所:椿山入口付近

21.夕されば小倉 の山に・・・

作:雄略天皇 場所:脇本集会所横


22. こもりくの 泊瀬の山・・・ 

作者:柿本人麻呂  場所:朝倉小校門

23-2.こもよ みこもち ・・・

作:雄略天皇 場所:白山神社境内


23-3. 茂岡に 神さび立ち・・・ 

作者:紀鹿人  場所:市立図書館敷地内

25.こもりくの泊瀬の山・・・

作者:不詳 場所:長谷寺山門前


26.こもりくの 泊瀬の山は・ 

作者:大伴坂上郎女  場所:長谷寺本堂横

27.秋山の 木の下隠り・・・

作者:鏡王女 場所:舒明陵の東


28.古へに恋ふる鳥か・・・  

作者:弓削皇子、額田王  場所:粟原寺跡

30.つゆさはふ 磐余も過ぎ・・

作:春日蔵首老 場所:文殊院境内


31.きんう せいしゃに・・・ 

作: 大津皇子・大来皇女  場所:吉備池

32.ももつたふ磐余の池・・・

作者:大津皇子 場所:吉備池畔


33.うつもみの人なる・・・  

作者:大津皇子  場所:吉備池畔

34.くらはしの 山を高み・・

作:間人宿袮大浦 場所:聖林寺前


35.梯立ての 倉橋山に立て・  

作: 不詳  場所:高齢者総合福祉C敷地内

36.大君は 神にしませば・・・

作:柿本人麻呂 場所:倉橋ため池


37.山川に おしふた・・・  

作者:野中川原史満  場所:山田寺境内

38.梯立ての 倉橋山を・・

作:仁徳天皇 場所:不動滝横


39.久方の 天ゆく月を・・・  

作者: 柿本人麻呂  場所:談山神社

40.あまくもに ちかく・・

作者:不詳 場所:兵主神社境内


41.巻向の 桧原も未だ・・・  

作者: 柿本人麻呂  場所:相撲神社境内

42.あし原の しけしき・・・

作:神武天皇 場所:茅原聖跡碑


43.ぬばたまの 夜霧ぞ立・・   

作者: 舎人皇子  場所:高家集落内

44.降る雪は あわにな・・・

作者:穂積皇子 場所:吉隠公民館


45.泊瀬川 速み早瀬を ・・・

作者: 不詳   場所:磯城島公園横

46.三輪山を しかも隠す・・

作者:額田王 場所:芝運動公園


47.ひとごとを しげみ・・  

作者: 但馬皇女  場所:出雲区国道沿い

48.かぐ山は 畝火をを・・・

作者:天智天皇 場所:井寺池畔


49.うま酒 三輪の祝が・・・  

作者:長屋王    場所:大神神社宝物殿横

50.狭井川よ 雲立ちわたり・・・

作:伊須気余理比売 場所:月山記念館


51.家にあらば妹が手まかむ・・ 

作者: 聖徳太子場所:上之宮春日神社

52.うらねらふ 跡見山・・・

作者:不詳 場所:等弥神社霊畤横


53.やまとは国のまほろ・・・  

作者:  倭建命   場所:大神神社宝物殿横

54.みわやまの山辺・・・

作:高市皇子 場所:桧原神社北方


55.吾はもや 安見児 ・・・   

作者: 藤原鎌足   場所:談山神社境内

56.鳴神の音のみ聞きし・・・

作:柿本人麻呂 場所:井寺池北方


58.こもりくの はつせの山・   

作: 大伴坂上郎女  場所:三十八柱神社

59.射目立てて跡見の・・・

作者:紀朝臣鹿人 場所:等彌神社境内 


60.妹(いも)が目を跡・・・  

作者:大伴坂上郎女   場所:等彌神社

62.この神酒はわが神酒・・・  

作者:活日 場所:大神神社宝物殿横

61.大坂に継ぎ登れる石群・・

作者:不詳 場所:箸墓古墳