新緑の音羽山観音寺を訪ねる (2019.5.26)

ほがらかな時間が流れる音羽山観音寺では、テレビそのままの境内と大きなお葉付き銀杏がお出迎え、あんじゅさんのお話し,ここで出会えたみなさんと自然の中で楽しい時間をすごしませんか?

 

【開 催 日】5月26日(日)

【集   合】桜井駅南口。時計塔下広場 で9時15分から受付(9時45分発のバスに乗車。

【解    散】桜井駅南口  15:00頃 

【参 加 費】1,500円(桜井市観光協会会員は 1,200円)(下居までのバス代往復660円は別途必要)※昼食のお申込みは終了しております。当日の7:00現在で警報が出た場合は中止。

 

 



陽だまりフェスタ (2019.5.26)


パワースポット三輪の神々を訪ねる (2019.6.8)(2019.6.15)


 ◇参加費:無料 (申込不要)

【お問い合わせ】

桜井市観光協会TEL(0744)42-7530 

桜井市観光案内所 TEL(0744)44-2377


万葉ゆかりの地「磐余の宮跡を訪ねる」(2019.6.16)


◇参加費:無料 

【お問い合わせ】 桜井市観光協会  TEL(0744)42-7530 


歴史教室 箸中の古墳群と地中レーダー探査 (2019.6.30)

講師に桜井市教育委員会の飯塚健太氏をお迎えし桜井市箸中地区で歴史教室が行われます。(今回で8回目となる人気の歴史教室です)

 

●日時 令和元年6月30日(日)午後2時から

●場所 慶運寺(溝端隆桂住職)桜井市箸中

(ホケノ山古墳のすぐ近くです) 

 申込み不要(当日会場にて受付)

●費用 300円(資料代)学生は無料

およそ2時間

 

主 催:ホヶノ山景観保全を語る会 

後 援:桜井市教育委員会

事務局:桜井市箸中 杉本義衛 090 5017 9350

当事業は「桜井市市民協働推進補助金」を活用して実施しています。

 



日本書紀講座(2019.7.7) 講師:埋文センター橋本輝彦氏

講師

桜井市教育員会 文化財課 課長

   橋本 輝彦 氏

【 場 所 】 桜井市図書館 

 

【 時 間 】 13:30~15:30 

        (受付13:00より)

 

【参加費】  1000円(資料代含む)

 

       当日徴収



発掘調査速報展25 「50㎝下の桜井」(2019.4.17~9.29)

桜井市立埋蔵文化財センターの今回の速報展では、平成30年度におこなわれた市内遺跡の調査成果が紹介されています。昨年度は10件の発掘調査と1件の地中レーダー探査がおこなわれ、繩向遺跡第195次調査では大溝や土坑、井戸などがみつかり他にも大藤原京関連遺跡第70次調査では古代の官道の一つに数えられる中ッ道がみつかりました。又、今回初めての調査となった稲荷山古墳では周濠を確認するなど、大きな成果が出ています。

 

詳細はチラシをご覧ください。尚、当速報展にあわせ2019年9月7口(土)に発掘調査報告会も行われます。申し込みは不要ですが、聴講には入館料が必喫です。  

 



奈良大和四寺巡礼  (2019.1.1~12.31)

桜井市の長谷寺安倍文殊院、宇陀市の室生寺、明日香村の岡寺を巡礼する「奈良大和四寺巡礼」をご紹介!奈良県中央部を国中(くんなか)と呼ばれ、悠久の歴史が今に息づいています。(四寺の御本尊及び中尊は、すべて国宝・重要文化財)四寺巡礼限定の巡礼衣にご朱印をもらって、由緒ある地に創建された1200年以上の歴史あるお寺を巡り古都奈良を思う存分味わいませんか。

詳細はhttp://www.nara-yamato.com/



特別展 日本書紀成立1300年「出雲と大和」 (2020.1.15~3.8)

日本書紀成立1300年を記念し、この記念すべき年に祭祀と政治を象徴する地、島根県と奈良県が東京国立博物館と共同で本展を開催し古代日本の成立やその特質に迫ります。尚、桜井市からは石位寺の重要文化財の浮彫伝薬師三尊石仏(桜井市忍阪)とホケノ山古墳出土の画文体神獣鏡(桜井市箸中・橿原考古学研究所蔵)が出展されます。開催期間は2020.1.15~2020.3.8まで。

(本特別展に合わせ石位寺の薬師三尊石仏関連の補修などが行われますので2019.4.13~2020.3月頃まで薬師三尊の拝観はできません。)