三輪神社(桜井市 西之宮)

 中ツ道と横大路の交差した場所に東面して鎮座する旧村社で、祭神は大物主櫛甕玉命(おおものぬし くしみかたまのみこと)で、内垣内という所にあった白山神社(菊理姫命)を合祀しています。

 

 境内の西南の隅にある地蔵堂の背後の用水路の中に、直径140cm、厚さ40cmの花崗岩製の礎石があり、この場所は藤原京域の北東角に位置するとされています。

 

また石鳥居の脇に、江戸時代の「おかげ参り」で伊勢街道の目印になったという大欅の古木があります。幹はかなり空洞になっていますが、それを、ものともせず、そびえ立つ古木から強い生命力が感じられます。創建年代などは不詳ですが、金毘羅大権現(自然石)のほか七基の石燈籠、磐座らしい巨石などが境内にあります。