長瀬藪1号墳(桜井市 高家)


標高200mの高地の谷底に出来た米川(よねがわ)の扇状地で元々長瀬藪古墳群(約24基)として知られていましたが土地区画整備事業で1993~1994年の周囲一帯の調査で更に範囲が広がり、かつ埋没古墳が見つかり本来は100基を超える大群集墳と推定され高家古墳群と改称されました。

 

長瀬藪1号墳はその中で盟主墳といえる古墳で中小規模の古墳が多い中で際立って規模が大きく玄室は桜井市では赤坂天王山1号墳(玄室長6.4m、玄室幅3m)狐塚古墳(玄室長6m、玄室幅2.6m)に次ぐ玄室長6m、玄室幅2.45mを誇ります。土砂が入り込んでいますが現状でも写真の通りかなり大型の石材を用いておりその圧迫感は相当なものがあります。石室マニアの皆さんにだけおススメする超気持ちの悪い古墳です。


桜井の横穴式石室を訪ねて(桜井市文化財協会)より引用