●2019 “よい仕事おこしフェア”で桜井をPR(2019.10.07~08)


 10月7日(月)~10月8日(火). イベントスケジュール 2019 “よい仕事おこしフェア”. 展示会内容. 

信用金庫による地方創生!日本を明るく元気に!

地方創生・地域経済を目的とした展示会に桜井市観光協会も参加PRを行いました。

今年度の来場者数は前回よりも多い47,620人来場がありました。


●「二上山に沈む夕日を観るハイキング」(2019.10.03)


桜井市観光協会主催の二上山に沈む夕日を観るハイキングを実施しました。(遠くは静岡県からも参加をいただきました。)桜井市ボランティアガイドの会のガイドさんのユーモア溢れる楽しい案内で纏向遺跡を巡りながら井寺池までウォークしました。残念ながら夕日は厚い雲に覆われて見ることができませんでしたが写真のように眼下に広がる幻想的な景観にうっとり!!帰りは提灯行列で楽しみながら巻向駅に向かいました。



●「山の辺の道クリーンハイキング2019」に参加しました。(2019.9.29)


 9月29日山の辺の道に観光協会から2名参加しました。コースは桜井駅からスタートし山の辺の道沿いのごみや案内板の清掃など行いながらゴールの天理市トレイルセンターまで未だ残暑の残る日でしたが時おり吹く秋風に吹かれながら歩きました。

 

山の辺の道も、すっかり秋めき彼岸花もあちらこちらで見ることができました。皆さんの協力ですっかり綺麗になった日本最古の道「山の辺の道」にもっと沢山の方が来ていただけるように桜井市観光協会もその魅力を発信してまいります。



●「相撲甚句の競演」で万葉歌を披露(2019.9.21)


9月21日桜井市市民会館で盛大に行われた「相撲甚句の競演」に当協会の選りすぐりのメンバー(笑)が萬葉集の巻頭歌「こもよみこもち」を披露しました。



●熊野大花火大会 (2019.8.26)



 桜井市の姉妹都市である熊野市で開かれる恒例の「熊野大花火大会」見学バスツアーは当初8月17日に予定されていましたが天候不順で8月26日に延期され33名の方が参加されました。花火会場では爆発の瞬間、爆音と同時に真夏の日差しのようなまっ白な閃光が目に飛びこみ、大きなどよめきと歓声に包まれました。感動のフィナーレは、約10分も続く鬼が城大仕掛け。次から次へと繰り広げられる夜空を描く色とりどりの花絵巻に参加者の皆さんも大満足の様子でした。 


●桜井市夏季大学 (2019.8.25)


8月25日(日)大神神社大礼記念館で第58回桜井市夏季大学が開催されました。桜井市の松井正剛市長、一般社団法人桜井市観光協会の林 勤会長の挨拶の後、午前は県立万葉文化館指導研究員、井上さやか先生から「万葉集における桜と梅」~新元号によせて~と題し講演いただき、午後は奈良国立博物館 館長 松本伸之先生から「必見!正倉院宝物」についてご講演いただきました。

 

参加された皆さんからも「時節に合った演題で興味深く聴け、とっても勉強になった。」「両先生のお話を聴いて万葉集や正倉院についての興味が益々広がった」という、お声をいただくなど大変満足していただいたようです。スタッフ一同、講師先生並びに参加者の皆様に厚く御礼申し上げます。そして来年もよろしくお願いいたします。



●日本書記講座(2019.7.7)


 

日本書紀について学ぶ講座を7月7日市立図書館で開催し市教委文化財課の橋本輝彦課長が「記紀にみる“ヤマト地域”の宮殿伝承地」をテーマに講義いただきました。会場には当講座では過去最高の250人もの参加をいただきました。

 



●第4回 三麺交流会を出雲市で実施 (2019.6.8)




三麺献麺式が6月8日島根県出雲市で開催されました。桜井市、出雲市・琴平町のそれぞれの観光協会が主催し今回で4回目となり今回は出雲大社で「献麺式」が行われました。

出雲大社・大神神社・金刀比羅宮の三社は、共に同じ祭神であり、それぞれ全国に知られる麺の食文化が根付いている共通点もあり、平成16年に大社町(その後出雲市に合併)と、琴平町、桜井市の自治体で友好都市提携記念を兼ねたイベントが開催された歴史もあります。 

桜井市からも林観光協会会長・桜井副市長・大神神社宮司・三輪素麺工業協同組合理事長などが参加し出雲大社本殿で「献麺式」の後、三種類の麺200セットが参拝者に配布された後、ステージイベント(出雲神楽)や三麺の試食振る舞いなどが行われ大いに盛り上がりました。観光協会関係者や事務局員は三輪そうめんを中心にアピールすると共に出雲市、琴平町との交流を深めました。関係者の皆様ありがとうございました。


●新緑の音羽山観音寺を訪ねる (2019.5.26)



快晴のこの日、当協会の会員さまでもあるNHKテレビ「やまと尼寺精進日記」でもおなじみの音羽山観音寺を訪ねるイベントを実施しました。参加いただいた50名の皆様と新緑の爽やかな空気を吸いながら観音寺を目指しました。途中には何か所も手作りのベンチや、優しいメッセージが書かれた看板などあり気持ちも和みます。適当に休みながら約40分前後歩くと木立の中に1200年の歴史を持つ観音寺が見えてきました。かなり急な山道ではありますが全員頑張って登っていただけました。観音寺では後藤住職、佐々木副住職様の楽しいお話をお聞きした後、みんなで記念撮影。日頃の忙しさを忘れゆったりとした気分にさせていただいた一日で参加者の皆様からも「やっと念願がかなった。また来たい」などと好評をいただきました。音羽観音様、参加者の皆さんありがとうございました


●令和元年度定時社員総会 (2019.5.17)


一般社団法人桜井市観光協会の令和元年度 定時社員総会が5月17日桜井市商工会館で行われました。来賓として松井市長、藤井市議会議長、大園市議会副議長の出席をいただきました。平成30年度事業報告、決算報告、会計監査報告、平成30年度事業計画、令和元年度予算などについて審議され原案通り満場一致で議決されました。 


●LA FESTA PRIMAVERA 2019 (2019.4.21)


約1100キロを4日間かけて走るクラシックカーの祭典「ラ・フェスタ・プリマベラ2019」で4月21日、約70台が桜井市を通過しました。チェックポイントの多武峰では、松井桜井市長や林観光協会会長、そして会場に集まった沢山の観衆が待ち構える中、ふだん見られない珍しい沢山のクラシックカーの名車に歓声をあげながら小旗を片手に歓迎しました。



●「駅から観タクン」体験 (2019.4.4)




4月4日、体験を兼ねて観光協会とJRの担当者で「駅から観タクン」という観光タクシーの5時間コースを体験してきました。四寺の御仏を巡礼しながら車窓から大和の里の景観も楽しめるコースで【安倍文殊院】→【岡寺】→【長谷寺】→【室生寺】を巡ります。

公共交通機関だけでこの四寺を拝観するのは大変ですが、タクシー利用でゆっくり観光することができ4名利用の場合で、お一人様4,585円とお安く観光客の皆さんに自信をもってお勧めできることを実感できた一日でした。

 


●観光PRを鉄道博物館で実施 (3月31日)


JR和歌山線&万葉まほろば線に227系新登場にちなむ沿線の各市町(天理市、王寺町、五條市、橿原市、桜井市)による観光PRを鉄道博物館で行いました。桜井市からは林観光協会会長と職員2名、桜井市の観光まちづくり課から1名の計4名が先日刷り上がった好評の「大和の古道紀行」を入場者に手渡しし確かな手ごたえを感じました。また同時に行われたクイズ大会は子供たちに大人気で大いに盛り上がりました。

 



●桜井市観光協会 役員会 (2019.3.26)


2019.3.26、当協会の役員会が行われ事業報告と新年度事業計画(案)についてについて討議されました。又、人事体制の変更に対しても報告が行われました。

 


●JRで行く大和の古道紀行最新版発刊! (2019.3.22)


おまたせしました!

平成10年より発刊し大変好評を頂いております「JRで行く大和の古道紀行」の平成31年最新版が刷りあがりました。

 

万葉集のふるさと桜井を魅力溢れる7つのルートに分け、わかり易いマップと川端康成はじめ昭和の著名な文人達が揮毫した60数基の万葉歌碑の紹介も、合わせご紹介しています。

 

当ガイドブックには寺社の割引特典券や抽選で豪華な賞品があたる「歌碑巡りロマンラリー」や「古道ラリー」など盛りだくさん。桜井にこられる皆さんのみちしるべとして大いにご活用ください。

 

(当ガイドブックは桜井市役所、桜井市観光案内所、JR桜井駅構内、桜井市観光協会などで無料配布中です。)



●JR西日本「おおさか東線」全面開業に伴う観光PR (2019.3.16)


おおさか東線開業に伴いJR西日本の「おおさか東線」が全面開業し、新大阪―奈良間を結ぶ直通快速の運行が始まりました。 JR奈良駅で行われた歓迎催しには桜井市観光協会の林会長以下全員が桜井市マスコットキャラクターの「ひみこちゃん」と共に参加し桜井市及び奈良県の観光PRを行いました。



●日本書紀講座 (2019.2.24)


すっかりお馴染みになりました観光協会の「日本書紀講座」今回は奈良芸術短期大学教授で橿原考古学研究所特別指導研究員でもあります前園 実知雄 氏をお迎えし当講座では過去最高の200名の参加をいただき2月24日桜井市図書館で行いました。

「泊瀬朝倉宮と脇本遺跡」というテーマで当遺跡を調査された前園先生から「文献から見た画期としての雄略朝」「考古学から見たワカタケルの時代」「脇本遺跡の調査」など興味深いお話をお聞きしました。次回の講座は7月7日で講師として橋本輝彦氏を予定しております。ご期待ください。



●お綱祭りハイキング (2019.2.11)


2月11日(祝)。桜井市観光協会主催の「お綱祭りハイキング」を実施しました。寒い一日ではありましたが大西・江包両地区の合同で行われた「お綱まつり」を見学しました。寒さをぶっ飛ばす大迫力に皆さん大満足!そのあと、纒向周辺の古墳や大型建物群跡などを桜井市観光ボランティアガイドの会の皆さんの案内で巡りました。  

参加者の皆さんからも「寒さを忘れ日本文化の素晴らしさをと纏向遺跡について現地学習できて良かった」ととの嬉しいコメントもいただきました。桜井市観光ボランティアガイドの会の皆さんご協力ありがとうございました。