談山神社所蔵の国宝粟原寺 三重塔伏鉢談山神社拝殿で7月31日まで展示されています。是非この機会にご覧ください。

 

 


談山神社の歴史は古く乙巳の変の立役者の一人、藤原鎌足公が亡くなったあと、摂津国阿威山に葬られましたが鎌足公の長男定慧が遺骨の一部を多武峯山頂に改葬し、木造十三重塔(重要文化財)と講堂を建立し妙楽寺と称しました。さらに定慧の弟の藤原不比等は神殿を建立し、鎌足公の神像を安置しました。これが談山神社の始まりといわれています。 

 社名は鎌足が中大兄皇子と蘇我入鹿を暗殺するため、ここで極秘の談合をした「談い山」からとったものといわれています。明治初めの神仏分離令後、神社だけが残りましたが今もたくさんの文化財が残されています。 

 多武峰の山中には楼門(重要文化財)、本殿(重要文化財)、権殿(重要文化財)をはじめとする朱塗りの華麗な社殿が建ち並び、漆塗極彩色、三間社春日造の本殿には鎌足像が祀られており、日光東照宮の手本になったといわれています。また日本で現存、唯一の木造十三重塔は、室町時代の再建で高さ17mで鎌足の墓塔といわれています。 

 桜が彩る春、新緑の季節、紅葉の秋、雪化粧が見事な冬と、四季を通じてその美しさを堪能することができ、故事にちなんで春と秋に行われる「蹴鞠まつり」でもたくさんの方で賑わいます。 


多武峯実感コース

(健脚向け)

見学込みで約3時間

多武峯街道沿いには、国宝十一面観音像で知られる聖林寺や音羽山観音寺などの人気スポットもあります。 

談山神社から聖林寺まで徒歩約1時間(4.8k)です。

屋形橋 

談山神社の神域入口に架かる橋で昭和54年に再建されました。本居宣長は、「うるはしき橋あるを渡り、・・と菅笠日記に記しています。 

万葉歌碑、摩尼輪塔、石灯篭 

途中には、重要文化財を含むいろんな石造物があります。万葉歌碑も忘れずにチェック! 

 

 

談山神社

大化の改新の中心人物、藤原鎌足を祀ります。華麗な社殿が建ち並び、わが国最古の木造十三重塔の景観が見ものです。拝観受付時間:8:30~16:30 (最終受付)最終拝観:17時  拝観料:500円 

 

談山(かたらいやま) 

談山神社の裏山にあたり古くから「談所の森」と言われ大化の改新の秘策を練った場所だといわれています。

 

 

御破裂山(鎌足公墓) 

古来より天下に異変が生じる時、御破裂山が鳴動し神像に亀裂が入るという伝承があります。頂上には鎌足公の墓所があり手厚く葬られています。



●アクセス

桜井市コミュニティバス(多武峯線)桜井駅南口発、談山神社行バスで約24分(終点下車徒歩5分) □【桜井駅南口】から【談山神社】バスの時刻表はこちら 

 


●多武峰 談山神社 (大型)バス 等の駐車場予約について

予約を希望される場合、下記事項を明記の上、FAXをお願いします。折り返し連絡させていただきます。

団体名、担当者名、予約日、時間、台数、連絡先

専用FAX 0744-49-0080 多武峰観光協会


●多武峯近辺の名所旧跡については多武峯街道をご覧ください。