ビジョン作りの為のワークショップ②  (2019.2.12)


第4回目(最終回)の「おもてなしビジョン作り」に向けたワークショップが、市内の各種事業者などが集まり開催されました。前回に引き続き講師はトラベルニュース社の富本一幸氏です。

「桜井市観光を客観視する」と題して※ブランディングについての講演を受けました。その後、グループに別れて、桜井市が際立つ桜井ならではのおもてなしとは?どんなことが出来るか?桜井市独自のおもてなし認証制度等の提案についてなど、様々な角度から活発な意見が交わされ、有意義な勉強会となりました。 

※ブランディングとは、ブランドを確立する為の取り組みのことで、顧客や社員に共通のイメージを持ってもらうための取り組みのこと。


ビジョン作りの為のワークショップ①  (2019.2.6)


ビジョン作りの為のワークショップ①が、市内の各種事業者などが集まり開催されました。前回に引き続きトラベルニュース社の富本一幸氏から、「桜井市観光を客観視する」と題して、インスタグラム・トリップアドバイザーからみる桜井市、RESASからみる桜井市、旅行会社・鉄道会社からみる桜井市、内からの目と外の目の比較、考察等の講義を受けました。その後のワークショップのテーマは「2030年の桜井市観光」。人口減少が進む10年後の桜井市はどのようになっていると思うか?どのようになっていればいいと思うか?等、グループに別れて各自の考えや思いを発表しキーワードを整理しました。まとめの講評及び質問、意見交換なども活発に行われました。次回212日(火)の勉強会(最終回)は、これまでの論議を集約し、具体的にビジョン案を作成します。ご参加希望者は桜井市観光協会までご連絡下さい。


協議会ビジョン作成の為の勉強会開催の件  (2019.1.23)



1月23日(水)ビジョン作りの為の第2回目の勉強会が、市内の各種事業者などが集まり開催されました。今回はトラベルニュース社の富本一幸氏から「これまでの観光」「これからの観光」今の観光を知ると題し講義を受けた後グループに分かれ講師から出題された設問に対しグループワークで和やかな雰囲気の中にも桜井の観光事業に対する参加された方の熱い思いが伝わる討議が行われました。この後グループごとに討議の内容のまとめを発表され、今の桜井市の観光事業の再認識と課題を確認できた勉強会でした。


協議会ビジョン作成の為の勉強会開催の件  (2019.1.17)


1月17日(水)ビジョン作りの為の勉強会が、市内の各種事業者などが集まり開催されました。辻会長の挨拶の後(株)イミカ取締役 原田博一氏を講師に迎え約3時間にわたり「おもてなしに欠かせないコミュニケーションの基礎的な考え方や道具について学びました。1月23日にも勉強会があります。当協議会の会員様が対象ですが、参加希望の方いらっしゃいましたら桜井市観光協会まで連絡下さい。



協議会ビジョン作成の為の勉強会開催の件  (実施日2019年 1/17・1/23・2/6・2/12)